タクシードライバーの現実

求人サイトを見ればタクシードライバーの良い面ばかりがクローズアップされているため、実際にタクシードライバーとして働くとどういったことが待っているのか、特に辛い部分が見えにくいようです。ここではタクシードライバーへの転職を検討されている人が疑問に思うことについて説明します。

労働時間って守られてるの?

タクシードライバーは2日に1日お休みの隔日勤務制の会社が多かったりと、他のお仕事と比べて労働時間が特徴的です。多くの求人サイトにも書いてあるように、法律で乗車時間が決まっています。実際に「乗車時間」はかなり厳密に管理されており、法定時間以上に乗務することができません。

ただし、帰社した後、報告書の作成や洗車、掃除が必要なケースもあるので実際には乗車時間だけが勤務時間というわけではありません。報告書はあくまでも「その日の報告」なので決して難しいものではありませんし、お客を相手にするものではありませんので乗車中と比べれば気楽なものです。

乗車時間が法律で決まっているということもあり、サービス残業や無理やり長く働かされるというような話はあまり聞きません。労働時間超過が直接安全に大きく関係することもあり、業界的に労働時間は守られていると思ってよいでしょう。

なお隔日勤務制について、若い男性の場合は「2日に1回遊べる」とポジティブな意見が多く、30代の場合も生活のリズムや家族との時間をどうするのか考えつつも、休みを有意義に使っている人が多いようです。ただし女性や男性でも40代以上には、やはり生活のリズムがつかめる勤務体制が好まれる傾向があります。

理不尽なお客はいないのか?

タクシードライバーはお客を選べませんので、時には理不尽なお客がいるのも事実です。

タクシー業界に限らず、どの業界にも理不尽で嫌なお客はいるものですが、タクシードライバーの場合、あくまでも短時間、さらにはその場限りでの付き合いになりますので、他の業界と比べると我慢の度合いが少ない点はメリットです。

他のサービス業のように、粘着されて延々と説教を…というケースは基本的にはありません。

なぜならタクシーを利用するお客は「移動する」という目的があるのでタクシードライバーに長時間絡んでいる暇がないのです。

ただまったく理不尽なお客はいないかというとウソになります。やはり、迷惑なお客さんはいます。ただ「毎日、毎日、嫌な客ばかりで・・・」ということはおそらくないでしょう。

悪いお客ばかりが目立ち、嫌な客も相手しなくてはならず、つらい職業のように思われることもありますが、ほとんどのお客様は普通です。たまに「お釣りはいらない」とお札を出してくるお客さんもいれば、タクシードライバーのことを考えてくれる気持ちの良いお客さんもたくさんいます。

実際の所どれくらい稼げるのか?

タクシードライバーへの転職を考えている方が一番気になるのが「どれくらい稼げるのか」です。

タクシー会社は入社からある程度の期間は給料を保証してくれている所もありますので、入社してすぐに稼ぐことができずに辞めざるをえないという状況はないと思います。ただ研修期間中にしっかり稼ぐためのノウハウ身に付けていく必要があります。

なお東京と大阪では稼げる事情がすこし違います。東京では1000万プレーヤーがいるという話も聞きますが、大阪で1000万円をこえることはまず難しいようです。800万円クラスならいるかもしれません。ただ多くのタクシー乗務員の年収は350万円から450万円、500万円いけば良い方ではないかと思います。他の業界と比べて面白いのは初心者でもセンスさえあれば、1年目から400万円以上稼げる可能性もあると言うことです。

なお、近年はインバウンド需要が増えていることもあり、外国人旅行者のタクシー需要も高まっています。また情報通信技術やスマホアプリなどの機能も飛躍的に向上していますので、より効率のよいタクシー利用ができるようになる可能性もあります。その点でまだまだ様々な可能性を秘めており、今後の発展が期待できるお仕事です。

タクシードライバーの給与保証

タクシードライバーは歩合だから頑張った分稼げる職業ですが、裏を返せば頑張らないと稼げない職業だから、自分は稼げるのか不安だという人もいるようです。しかし、実は給与保証を行っている会社は多数あります。
ドライバーたちの不安は会社側も理解していますので、不安なく働いてもらうためのものですが、給与保証には様々な種類がありますので、どのような給与保証が用意されているのかもチェックポイントです。

タクシードライバーの自由について

タクシードライバーは勤務時間・拘束時間が他の仕事と比べて長いことから、自由がないと思われがちなのですが、実際には一勤務時間が長いものの、その分休日が多いスタイル。また、働いている間は基本的にお客を乗せての運転になりますので、会社や上司からあれこれ言われることもありませんし、そもそもどこでお客を掴まえるか、つまりはどこを走るのかは基本的に自由です。その点では実は自由度の高い職業であることが分かるのではないでしょうか。

タクシードライバーの勤務形態

タクシードライバーの勤務形態は、実は多種多様です。多くの方が「拘束時間が長い」といったイメージをお持ちかもしれませんが、他のお仕事とほぼ変わらない拘束時間のものもあれば、いわゆるほぼ一日丸々働いて次の日休みといった、多くの方がイメージしている形態など、実際には様々です。
特に近年は、ドライバーと相談し、ドライバーの意向に沿った働き方を用意するというスタンスのタクシー会社も増えつつあります。

タクシー業界の将来性

昨今、タクシードライバーは不足傾向にあります。少子高齢化の影響から、どの産業も人手不足で嘆いている現実がありますが、タクシー業界に関しては少子高齢化もさることながら、近年のインバウンドの増加による外国人観光客のタクシー需要の高まりから、人手不足が顕著です。
さらには今後、2020年には東京オリンピックが、2025年には大阪万博が控えています。これらのイベントは、日本にやってくる外国人観光客が増えることが決定しているといっても過言ではないものなだけに、今後さらにタクシーの需要は高まることが予想されますので、当然タクシードライバーもまた、求められることになります。その点では今後、タクシー業界はさらなる成長を遂げていく可能性が高い産業であることが分かります。

タクシードライバーの定年

タクシードライバーにも定年があります。求人を見ると、60歳か65歳となっている所が多いのですが、実際には選択定年制を採用しているタクシー会社が多いのをご存知でしょうか。選択定年制のおかげで、実際には65歳以上でも働くことが可能なタクシー会社は多いです。特に近年はインバウンドの増加によるタクシー需要の高まりを受け、どのタクシー会社も働いてくれる人材を喉から手が出るほど欲していますので、定年に対しての考え方は他の業界とは少々異なっています。

大阪のタクシードライバーの年収(給与)と稼ぐポイント

タクシードライバーの仕事は基本的に歩合が大切です。お客を乗せて走った距離が長ければ長いほど、自分の収入も増えますので、如何にしてお客を上手く掴むかが大切ですが、やはりその点もポイントがあります。それらは経験によって身に着く部分もあれば、覚えておくだけで有効なものもあります。そこでタクシードライバーとして稼ぐためにはどのような点が大切なのかをまとめています。
やる気が大切ではありますが、やみくもに頑張るのではなく、ポイントを絞ることで、タクシードライバーとしての収入は増えていきますので、これからタクシードライバーにと考えている人だけではなく、既にタクシードライバーとして働いている方も必見です。

未経験者にも手厚いフォロー
大阪で評判の良い大手タクシー会社の求人3選
未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

           

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

東京日本交通

未経験給与保証

6カ月

月額24-27万円

キッズタクシー、観光タクシー、ミニバンタクシー、
特化型タクシー
なんでもござれ!

未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

国際興業大阪

未経験給与保証

6カ月(延長可)

月額22-26万円

大阪で初めてタクシー全車両禁煙にした会社。いまでは
オゾン脱臭・殺菌
する徹底ぶり

タクシー会社選びのポイント

【当サイトにおける大手タクシー会社とは?】
※当サイトではハイヤー・タクシー業界専門誌の交通現代社が刊行している「KANSAIタクシー名鑑2017(交通現代社編)」のグループ別保有車両台数ベスト20(大阪のみ)へ掲載されているものを「大手タクシー会社」としています。

タクシードライバーのイメージ

きっとあります、あなたにとって最高のタクシー会社が! 「たくさんある大阪のタクシー会社、どれも大差ないやろ?」 「未経験やけど、タクシー乗務員になってもホンマに稼げるようになるんか?」 「タクシー業界ようわからん。どうやって選んだらええの?」
これらの疑問に答えて、大阪の評判の良いタクシー会社と、選び方のポイントを紹介します。

詳細はこちら