大阪タクシー業界はブラックなの?

タクシードライバーというと、労働時間が長い割には給料が低いなど、ブラックなイメージを持つ方も多いようですが、果たしてそうなのでしょうか。

本記事では、タクシー業界がブラックだと思われる理由や、本当はブラックとは言い切れない理由について等ご紹介していきます。

タクシー業界はブラックなの?

そもそもタクシー業界はブラックなのでしょうか?タクシードライバーの働き方のひとつに、朝早く出社して夜通し働き、次の日の朝に家に帰るという勤務体系があるため、一見すると、ブラックな仕事だと感じるかもしれません。その他、さまざまなことが理由でタクシー業界はブラックだと思われてしまうことが多いものです。

タクシー業界がブラックと言われる理由

ここでは、タクシー業界がブラックと言われる理由について見ていきたいと思います。

1.労働時間が長い

タクシードライバーの一般的な勤務体系は朝の7時に出社して、途中で3時間の休憩を挟んで、翌日の深夜3時まで働くといったもので、上記通りであれば労働時間は17時間にもなります。

一般的なサラリーマンの方は、フルタイムで働いている場合1日の勤務時間は、8時間ほど。そのため、タクシードライバーと比べると、勤務時間が2倍以上にもなるので、どうしてもブラックな印象を抱いてしまうのでしょう。

2.給与があまり高くない

タクシードライバーの収入は成果に応じて上がったり下がったりするのが一般的で、平均年収は390万円程度とされています。男性労働者全体の平均年収が500万円を超えていることから考えると、労働時間が長い割には給料も安く、こうしたことからブラックだと思われることになります。

3.乗客とトラブルになる

タクシードライバーの仕事で多いのが乗客とのトラブルです。朝、出社を急いでいるサラリーマンを乗せたときには道路の選び方一つで時間がかかってしまった場合、乗客が不満を言うこともあるでしょう。

また、深夜の営業は稼ぎやすいですが、乗客がお酒を飲んでいることが多く、こうした酔っ払いの相手もしなければなりません。勤務時間だけでなく、接客に対する大変さがブラックだと感じさせてしまうのでしょう。

4.タクシードライバーの平均年齢が高い

タクシードライバーは平均年齢が高いこともブラックと思われやすい理由でしょう。これは、若い人にはあまり人気がないか、もしくは短い期間で転職を繰り返しているといったことが考えられます。

5.完全歩合制

タクシー会社のタクシードライバーは、完全歩合制の給与体系となっていることも少なくありません。このため、売上が上がらなかったらほとんど収入がないということになる可能性があります。

朝から深夜まで働いたのにも関わらず、場合によっては収入がほとんどないという事態も起こりうるため、ブラックと感じやすくなっているといえます。

6.社会的信用が低く見られがち

残念ながら、一般的にタクシードライバーは社会的信用が低いと考える人が多い傾向にあるようです。親戚や友人にそういう目で見られやすくなりますし、住宅ローン等お金を借りるときもいい評価をされづらいという側面があります。

7.身体的な負担が大きい

タクシードライバーは一日中車の中で座って過ごす為、腰痛になりやすいなど身体的な負担が大きくなっています。

8.一人で仕事しなければならない

タクシードライバーは、朝、タクシー会社からタクシーを出したら、後は乗客を見つけるまでの間、ひたすた一人で乗客を探し続ける必要があります。このため、場合によっては数時間人と話していない状況になると言った可能性もあります。

実際にはタクシー業界はブラックとは言い切れない

タクシー業界がブラックと言われやすい理由についてお伝えしましたが、実際にはタクシー業界はブラックとは言い切れません。以下で、その理由を見ていきましょう。

1.売上を上げればむしろ給料は高くなる

歩合率の高い会社の場合、もちろん売上を上げなければ給料は落ちてしまいますが、一方で売上を多く挙げれば収入もどんどん上げることができます。

タクシードライバーとしての知識や経験を見つけた後は、少ない労力で多くの収入を得ることもそう難しいことではないでしょう。

2.シフトの自由度は高い

タクシードライバーはその労働時間の長さから働きづめというイメージを持たれやすいですが、それは働き方の自由度が原因だといえるでしょう。勤務形態のひとつに隔日勤務というものがあり、昼日勤と夜日勤をくっつけたような働き方があります。勤務時間は20時間ほどと長いのですが、その翌日は休みです。2日働いて1日休みといった感覚で仕事に臨むわけです。また、一般的なサラリーマンのように日勤もあるため、自身のスタイルに合わせたシフトが組みやすかったりします。

また、タクシードライバーとしての経験を積んだ後であれば、どこで力を入れればよいか、どこで力を抜けばよいかが分かるため、比較的楽に仕事に取り組むことも可能になるでしょう。

3.職場内の対人ストレスは少ない

タクシードライバーは、確かに一度会社を出てしまえば、お客さん以外ほとんど話すことのない仕事です。逆に言えば、一般的な会社において、上司や同僚との対人ストレスも少ないといえるでしょう。

仕事を辞める理由のほとんどが職場の人間関係だと言われていますが、タクシードライバーであればこうした、職場内の人間関係はかなり抑えられるようになっています。

まとめ

タクシー業界についてブラックと思われやすい理由と、実はブラックとは言い切れない理由をお伝えしました。 タクシー業界の悪い点も、見方を変えれば良い点でもあるのです。

タクシー業界への転職を考えている方は、本記事の内容を参考に、本当にブラックなのか今一度考えてみると共に、自分がタクシードライバーとして働く際には、どう感じるものなのか、あらかじめイメージしておくとよいでしょう。

未経験者にも手厚いフォロー
大阪で評判の良い大手タクシー会社の求人3選
未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

東京日本交通

未経験給与保証

6カ月

月額24-27万円

キッズタクシー、観光タクシー、ミニバンタクシー、
特化型タクシー
なんでもござれ!

未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

国際興業大阪

未経験給与保証

6カ月(延長可)

月額22-26万円

大阪で初めてタクシー全車両禁煙にした会社。いまでは
オゾン脱臭・殺菌
する徹底ぶり

タクシー会社選びのポイント

【当サイトにおける大手タクシー会社とは?】
※当サイトではハイヤー・タクシー業界専門誌の交通現代社が刊行している「KANSAIタクシー名鑑2017(交通現代社編)」のグループ別保有車両台数ベスト20(大阪のみ)へ掲載されているものを「大手タクシー会社」としています。

タクシードライバーのイメージ

きっとあります、あなたにとって最高のタクシー会社が! 「たくさんある大阪のタクシー会社、どれも大差ないやろ?」 「未経験やけど、タクシー乗務員になってもホンマに稼げるようになるんか?」 「タクシー業界ようわからん。どうやって選んだらええの?」
これらの疑問に答えて、大阪の評判の良いタクシー会社と、選び方のポイントを紹介します。

詳細はこちら