タクシードライバーのよくある質問

タクシードライバーは身近な存在ですが、業界内の人しか知らないような知識や情報もたくさんあります。これからタクシードライバーへの転職を考えている人に向けて、タクシードライバーに関するよくある質問をお伝えします。

個人タクシーになるには?

個人タクシーとは、タクシー会社に属さず自分でお客様を見つける方法です。タクシー会社で働くのと比べて基本給や配車制度がなく、世間からの信頼も一から作る必要がありますが、営業利益の全てを自分のものとすることができます。

ただし、個人タクシーになるにはいくつかの要件を満たしておく必要があります。

以下ページでは、そうした要件など個人タクシーになる方法についてお伝えしています。

タクシードライバーにも足きりはある?

タクシードライバーの給与制度にはさまざまのものがありますが、「歩合給+足きり」という制度を取っている会社が多い傾向にあります。

足きりとは、設定された目標に達成できなかった場合に、歩合給や歩合率が減ってしまうというものですが、足きりのある会社と足きりのない会社だと、一般的に足きりのある会社の方が高い成績を挙げたときの給料は高くなります。

以下ページで、タクシードライバーの足きりについて詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

タクシードライバーにも有休はあるの?

タクシードライバーは夜勤などがあり、勤務が大変なイメージがありますが、有休制度などはあるのでしょうか?以下ページでは、タクシードライバーの有休制度についてや有休の取りやすさ、有休を取ることに対する業界の雰囲気などお伝えしています。

定年退職後にタクシードライバーに転職できる?

定年退職後にタクシードライバーを目指したい方にとって、定年退職後に転職可能なのか気になるところかと思います。以下ページでは、そもそも定年退職後に未経験でタクシードライバーに転職できるのかどうかや、いざ定年後にタクシードライバーになった後に、注意すべき点などお伝えしています。

ペーパードライバーでもタクシードライバーは可能?

「タクシードライバーになりたいけれど、免許を取得してからほとんど運転をしていない…」という人は、こちらのページをぜひチェックしてみてください。ペーパードライバーの状態で、ドライバーとして雇ってもらえるのかを説明しています。

「プロのタクシードライバーとして活躍できるるまでの期間の収入はどうすべきか」「運転スキルを向上させるためにはどうすればよいか」などの情報についても触れています。

タクシードライバーへの残業代支給はある?

タクシードライバーの仕事は性質上、残業時間が多くなりがちな職業だといえます。そのため、タクシードライバーへの転職を検討中という人にとって、残業代がしっかりと支給されるかどうかはとても気になる疑問なのではないでしょうか。

残業代をめぐるさまざまな問題、さらに問題が起こる根本的な原因についてもまとめています。就職するタクシー会社選びの参考にしてみてください。

AT車のみの免許でもタクシードライバーになれる?

AT車(=オートマ車)のみの免許で、タクシードライバーを職業とすることが可能かどうかについて、説明しています。

「車の運転に対してあまりこだわりがない」あるいは「できる限り手軽に運転免許を取得したかった」などの理由でマニュアル・トランスミッションについての知識がほとんどない、という人にとっては、ぜひ一読の価値ありです。

タクシードライバーの事故補償は?

タクシードライバーは「車の運転に慣れている」、あるいは「かなり運転が上手だ」というケースが多いと考えられます。だからといって交通事故に遭遇してしまう可能性が低いわけではありません。圧倒的に長い時間タクシーを運転しているわけですから、万が一の事故に備えておくことが大切です。

転職先の会社の事故保証などがきちんとしているか、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

タクシードライバーの給与天引きについて

給与から何らかの天引きが行われる場合があることは、もちろんタクシードライバーに限ったことではありません。ここでは、特にタクシードライバーにとって大きな額となる可能性がある給与天引きの項目について説明しています。

ぜひおさえておきたい2項目だといえるのは「事故を起こした際の負担」と「ホームエリアへ戻る際に利用した高速道路通行料」に関する情報です。分かりやすくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

リストラ後のスムーズな転職とは?

タクシードライバーの需要は高く、現在でも多くのタクシー会社が積極的にタクシードライバーの求人を行っています。

ですから、かりに、サラリーマンが会社からリストラされてしまった場合もあせることのないよう、タクシードライバーを転職先として候補に入れておくのがおすすめです。年齢が高めで、タクシードライバー未経験者であっても、採用してもらえる可能性は十分にあります。スムーズに転職するための流れについても紹介しています。

タクシーでチャイルドシートを付ける必要があるの?

通常、6歳未満の子どもを乗せるときはチャイルドシートを使って身体をシートベルトで固定させる必要があります。

近年、高速道路において後部座席もシートベルトを付ける義務ができるなど動きがありますが、タクシーにのる場合、子どものチャイルドシートやシートベルトはどのように考えるとよいのでしょうか。

以下記事では、タクシーでチャイルドシートをつける必要があるのかどうかについてまとめています。

タクシーチケットの種類や受け取った場合の処理の仕方とは?

タクシードライバーとして働いていると、乗客からタクシーチケットを受け取ることがありますが、チケットを受け取った場合どのように処理するのでしょうか。

以下記事では、そもそもタクシーチケットとはどういったものかといったことやタクシーチケットを利用するメリット・デメリットなどお伝えすると共に、乗客からタクシーチケットを受け取った場合の処理の仕方や注意点などお伝えしていきます。

タクシードライバーはきついの?

タクシードライバーは昼から翌日の朝まで働く必要があることもあり、きつい仕事という印象を持つ方は少なくないようです。以下記事では、タクシードライバーの仕事のきついところ・きつくないところ、きついと思われやすい理由などをお伝えしていきます。

タクシードライバーに必要な感染症対策とは?

季節によって流行が起きるインフルエンザや風邪、2020年には世界で猛威を振るう新型コロナウイルス。自分が感染するだけでなく、利用者に感染させないためにも、タクシードライバーのプロとして感染症対策は必須です。特にタクシーは密閉状態になりやすく、利用者との距離感も近く、感染リスクは上がりやすいと言えます。

以下記事では、タクシードライバーの感染症対策についてお伝えしています。

タクシードライバーで人間関係って重要なの?

人が仕事を嫌になる要因の上位に人間関係がくるほど、仕事において人間関係は重要なものです。一般的に、タクシードライバーは業務中(運転中)は同僚や上司とはほぼ無関係に働くことができるため、比較的人間関係において自由な仕事だといえます。

とはいえ、タクシードライバーでも人間関係をしっかりすることによるメリットはあります。以下記事で、タクシードライバーにおける人間関係の重要性やしっかりするメリットなどお伝えしています。

タクシードライバーの健康管理のポイントとは?

ずっと運転しているというのは、意外と肉体労働ですので、長く働きたいと考えるのなら、日々の健康管理は大切です。食事や睡眠といった観点から健康管理のポイントを紹介しているので、これから転職を考えている方や現役の方問わず参考にしてみてください。

タクシードライバーの業務に差し障りない飲酒量とは?

タクシードライバーの転職を考えている人の中には、日ごろからお酒を飲むのが好きだという人も居るでしょう。しかし、タクシードライバーはお客様を安全に目的地へ送り届ける仕事のため、多量の飲酒は翌日の業務に支障をきたしてしまう可能性があります。

とはいえ、どのくらいの飲酒量なら問題なく乗務が行えるのでしょうか。知らずに後悔しないよう、あらかじめ乗務に差し障りない飲酒量をチェックしておきましょう。

タクシードライバーのクレーム対策

接客が必要な職業において、お客様からのクレームは避けて通れない事柄です。特に、タクシードライバーは自身の態度がお客様からのイメージに直結する仕事というだけでなく、急いでいたり酔っぱらっているなど、お客様の状態によって柔軟に対応しなければならない職業でもあります。

そのため、クレームを受けやすい人の特徴や最適なクレーム対策法を確認し、自身の改善点や上手な対応を身に付けておきましょう。

タクシーの防犯対策とは?

乗客の身の安全を守るのがタクシードライバーの役目ですが、タクシードライバー自身の身の安全を守ることも重要です。実際にタクシーの中はドライバーとお客様だけの密室状態で、お客様による犯行があった場合には早急に外部へ知らせなければなりません。

そのため、各タクシー会社ではいくつかの防犯対策を講じています。どのようなものがあるのか見ていきましょう。

法人タクシーと個人タクシーの違いとは?

タクシーには、法人タクシーと個人タクシーの2種類があります。これは一般的に広く知られていることですが、この2つにどのような違いがあるのかをご存知でしょうか?

法人タクシーと個人タクシーは単に事業主が異なるだけでなく、必要となる条件や経済的・時間的自由度、トラブル発生時の違いなどが挙げられるのです。以下のページでは、これらの違いについて詳しく解説しています。

タクシードライバーに必要な深視力とは?

タクシードライバーになるには、普通自動車第二種運転免許の取得が必須です。その免許を取得するためには、一般的な視力検査の他に「深視力検査」を受ける必要があります。もちろん、試験に合格しなければタクシードライバーとして仕事ができません。

以下では、深視力の特徴や合格に向けてのトレーニング方法などを紹介しています。

タクシードライバーが知っておくべきビジネスマナー

タクシードライバーとしてお客様を乗せる前には、研修などで接客に関わるビジネスマナーを学ぶ機会が設けられています。しかし、研修だけでは十分な知識が身に付かず、いざ実践という時に十分な力を発揮できない可能性があるため、日ごろからきちんとビジネスマナーについて復習しておくのが重要です。

以下のページでは、タクシードライバーに必要なビジネスマナーを紹介しています。

タクシードライバーは副業に向いている?

タクシードライバーは、会社によっては勤務形態や勤務時間などを選択・調整できる場合があります。そのため、本業が別にあっても、その会社が副業を許可しているのであれば、タクシードライバーはおすすめできる副業のひとつです。また、現在タクシードライバーをしていて、副業を探している人にとって役立つ情報についてもまとめています。

タクシードライバーはチップを貰える?貰った場合はどうしたらよい?

現在の日本ではあまり耳にする機会もない「チップ」。けれども、タクシードライバーとして働くと、ときどきチップを貰う機会があります。「どのような場面やシチュエーションでチップを貰う可能性が高いのか」そして「チップを差し出された場合はどのように対応・処理すべきなのか」。これら2点について、詳しく説明しています。

タクシードライバーの必需品って?

タクシードライバーとして、できる限りお客さんに高品質なサービスを提供したり、あるいはさまざまな状況に冷静に対応したりするためには、あらかじめタクシードライバーの必需品を把握し、常備しておくことが大切です。また、20時間を超えるような長時間勤務をする場合などは、身体の疲労を上手にやわらげることも忘れないようにしましょう。そのために役立つアイテムについても紹介しています。

タクシードライバーを辞めたいと思ったら?

タクシードライバーは、さまざまなメリットを得られる仕事ですが、その反面、離職率が高い職業でもあります。なぜ離職率が高いのか、その理由や悩み、そしてそれを克服するためのヒントなどをまとめました。安易に辞める結果を避けるために押さえておきたい、「タクシー会社選びのコツ」についても紹介しています。

タクシー会社の退職金制度とは?

老後の生活プランなどを考える際に気になるのが、退職金制度の有無です。タクシー会社では、あまり退職金制度が充実していなかったり、あるいは制度自体がなかったりする場合が珍しくありません。ただ、定年という概念がうすいため、60歳を超えても現役で活躍しているタクシードライバーが少なくないのも特徴です。年金を受給しながら勤務を続けることができる職業です。

タクシードライバーの服装とは?

タクシー会社によって、勤務中の服装に関する決まりは異なります。指定の制服を着用するよう定められている場合もありますが、制服がない場合もあります。制服があるほうがよいかどうかは、人によりさまざまなので、会社を選ぶ際のひとつの要素となるでしょう。また、制服がない会社の場合、自分で服を用意する際にかかるコストを、少しでも低くおさえるコツについても紹介しています。

未経験者にも手厚いフォロー
大阪で評判の良い大手タクシー会社の求人3選
未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

東京日本交通

未経験給与保証

6カ月

月額24-27万円

キッズタクシー、観光タクシー、ミニバンタクシー、
特化型タクシー
なんでもござれ!

未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

国際興業大阪

未経験給与保証

6カ月(延長可)

月額22-26万円

大阪で初めてタクシー全車両禁煙にした会社。いまでは
オゾン脱臭・殺菌
する徹底ぶり

タクシー会社選びのポイント

【当サイトにおける大手タクシー会社とは?】
※当サイトではハイヤー・タクシー業界専門誌の交通現代社が刊行している「KANSAIタクシー名鑑2017(交通現代社編)」のグループ別保有車両台数ベスト20(大阪のみ)へ掲載されているものを「大手タクシー会社」としています。

タクシードライバーのイメージ

きっとあります、あなたにとって最高のタクシー会社が! 「たくさんある大阪のタクシー会社、どれも大差ないやろ?」 「未経験やけど、タクシー乗務員になってもホンマに稼げるようになるんか?」 「タクシー業界ようわからん。どうやって選んだらええの?」
これらの疑問に答えて、大阪の評判の良いタクシー会社と、選び方のポイントを紹介します。

詳細はこちら