未経験でもOK!タクシードライバーへの転職&求人ガイド【大阪版】 » タクシードライバーのよくある質問 » タクシードライバーへの転職に失敗する人の原因と対策方法

タクシードライバーへの転職に失敗する人の原因と対策方法

タクシードライバーへの転職で「失敗した」と感じる人には、どのような原因があるのでしょうか。失敗を避ける方法と共に、具体的に確認しておきましょう。

タクシー転職でよくある失敗例

タクシードライバーへの転職の失敗例として、どのようなものがあるのでしょうか。「失敗した」と感じる状況の例を具体的に紹介します。

1.思ったより稼げない

タクシードライバーへの転職の失敗例として、よくあるのは「思ったより稼げない」と感じるケースです。

求人広告に目安として提示されている月収金額などを見て、「たくさん稼げる」と思ってタクシーの求人に応募。ある程度きつい面があることは覚悟していても、「このぐらい稼げるならいいか」と思って転職します。

しかし、いざ働いていてみると、求人広告の金額ほどには稼ぐことができず、「割に合わない」と感じてしまうのです。タクシードライバーは、実力によって稼げる金額が変わってくる職業なので、このようなことが起きてしまいます。

2.体がきつい

収入の面では満足できたとしても、「体がきつい」と感じる場合、タクシードライバーに転職して失敗したと感じるケースもあります。

タクシードライバーは、長時間座った姿勢でいることで、腰痛や肩こりになりやすい職業です。体を激しく動かすことはしなくても、運転中は集中力が求められるので、筋肉が緊張し、疲労がたまりやすくなります。

「夜勤ぐらいは大丈夫」と思って始めてみるものの、睡眠不足に対応できないと感じて、体力的にきついと感じる人もいるでしょう。

3.予想外のストレス

身体的には大丈夫でも、「精神的」な大変さやストレスに耐えられず、転職に失敗したと感じる人もいます。タクシードライバーは接客業でもあります。利用者を相手にする以上、良い人ばかりとは限りません。時々いるマナーの悪いお客にストレスを感じて、失敗したと感じてしまうかもしれません。

拘束時間が長くなる勤務体系も珍しくないので、それがストレスになることもあるでしょう。また、タクシードライバーとて、職場の人間関係のストレスと無縁ではありません。職場の人と接する時間は短いとはいえ、他の職場と同様に人間関係がギクシャクした職場だと、ストレスを感じることになります。

さまざまな理由で仕事に行くのが精神的につらくなり、失敗したと感じるのです。

タクシー転職で失敗する3つの原因

上記の失敗例のように、給料や肉体的きつさ、ストレスが原因で失敗に陥ってしまう人の原因は何なのでしょうか。主な原因として、以下の3つが挙げられます。

1.給料の目安を勘違いしている

タクシードライバーの給料は多くの場合、「固定給+歩合給」です。この意味を十分に把握していないと、「思っていたより稼げない」という状況に陥りやすくなります。

歩合給は、お客さんを多く乗せて売上を伸ばすほど多くなる給料です。仮に、お客さんを全く乗せなければ、歩合給はゼロになってしまいます。

多くの場合、固定給は少ない金額に設定されているので、歩合が少なければ一般的なサラリーマンよりも安い給料になってしまうのです。

求人情報に載っている収入の目安は、「固定給+歩合給」で計算されていることが多いので、「この金額が確実にもらえる」と勘違いする可能性があります。

2.仕事の大変さを把握していない

タクシードライバーの仕事の「どんなところが大変なのか」を十分に検討していないことも、転職に失敗する原因として挙げられます。

転職の失敗は、基本的に「予想とのギャップ」から生まれることが多いものです。

タクシードライバーの生活リズムがどのようなもので、どんなことが業務内容に含まれるのかについて十分に理解できていないことが、「思っていた仕事じゃなかった」というギャップにつながり、転職に失敗したと感じる原因になるのです。

3.ブラック企業を選んでしまった

待遇が悪く、質の低い会社を選んでしまうことも、失敗する原因として考えられます。

給与の水準が低すぎる会社では、どんなに成果を上げてもたくさん稼ぐことができず、失敗したと感じることになるでしょう。

職場環境の質は、仕事の大変さやストレスに影響を与えるものです。サポート体制のずさんなタクシー会社に転職したことが原因で、普通以上に身体的・精神的負担を感じる可能性もあります。自分の努力とは関係なく、職場の人間関係がそもそも悪いという状況では、さらにストレスがかかります。

タクシー転職で失敗・後悔しないために

ここまで考えたような失敗例に該当しないように、どのように工夫すればよいのでしょうか。基本となる4つのポイントを解説します。

1.タクシーの給料の仕組みを理解する

タクシードライバーの給料体系について十分に理解しておくことが、「思ったより稼げない」という失敗例を避けることに役立ちます。

タクシードライバーは基本的に、夜勤が多いほど効率的に稼げる仕組みです。終電が終わった後の深夜は、タクシーの利用者が増える傾向があり、さらに深夜料金を加算できるので、売上アップが見込めます。

「隔日勤務」という働き方についても確認しておきましょう。隔日勤務とは、「1日に2日分働いて、次の日は休む」という働き方です。1日に15~18時間働くことになるので、体の負担にはなりますが、人によっては「効率的に稼げる働き方だ」と感じる人もいるでしょう。

多くのタクシー会社では、普通の「日勤」にするのか、「隔日勤務」をして夜勤をするのかを選ぶことになります。どちらを選ぶかで給料に違いが出てくるので、前もって十分に検討しておきましょう。

2.タクシーの仕事内容を理解する

タクシードライバーの給与についてだけでなく、「業務の内容」についても十分に理解しておきましょう。

どんな仕事にも大変ではありますが、具体的にタクシードライバーにはどんな大変さがあるのかを、あらかじめ十分に把握しておくことが大切です。

自分がそれに耐えられるかは、はじめてみなければ分からない部分もあるでしょう。とはいえ、タクシードライバーの「どんなことが大変なのか」については一般的な情報なので、あらかじめインターネットで調べたり、面接時に質問するなどの方法で知ることができます。

隔日勤務をするとしたら、どのような生活リズムになるのか、一日の仕事の流れはどのようなものかを確認しましょう。

深夜の時間帯の接客はどのようなことが求められるか、悪天候での運転はどんなところが大変かなど、できるだけタクシードライバーという仕事について知っておくことで、予想とのギャップを無くしておくことが大切です。

3.タクシー会社をよく選ぶ

福利厚生や管理体制など、タクシー会社の質についても十分に確認しましょう。

社会保険や労災保険、雇用保険などの基本的な福利厚生だけでなく、二種免許を取得するための費用を会社が負担してくれるなどの補助制度があるか、研修期間中の給与はどうなのかをチェックします。

格安で利用できる社員寮が完備されているか、家賃の補助制度はあるかなど、付加的なサポート体制が充実しているかどうかも確認してください。求人情報だけでは分からないこともあるので、気になる点は面接で質問しましょう。

待遇面だけでなく、上司の質に問題はないかなど、その会社についてさまざまな角度からチェックすることが大切です。このサイトには、タクシー会社の口コミ情報をまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。

会社の規模や経営状態なども確認し、長く働けるタクシー会社かどうかを確認しましょう。

4.スキルの向上を意識する

転職した後は、効率良く成果を上げるために、「タクシードライバーとしてのスキル」を磨く努力を怠らないことも大切です。

活動するエリアの土地勘を鍛えておくと、カーナビに頼らなくても道が分かり、効率良くお客さんを送迎することに役立ちます。また、人の流れをよく観察して、お客さんの見つけ方に磨きをかけていくことも大切です。乗せたお客さんの満足度を高めるような接客の技術も身に付けましょう。

タクシードライバーは、サラリーマンのように長く務めるほどに給料が増えるという仕組みではなく、収入を増やすためには「結果を出す」ことが求められます。仕事に対するモチベーションの保ち方も工夫しながら、いかに安定して売上を出すか、常にスキルアップをする意欲が失敗しないための、成功に近づくための大切な要素なのです。

十分に調査することでタクシー転職の失敗を防ぐ

失敗する原因の多くは、タクシードライバーの仕事に関する理解不足が関係しています。

タクシードライバーという職業について十分に調査し、転職先の会社を十分に検討して、転職後はスキルアップを怠らないことで、失敗を防ぐことができるはずです。

未経験者にも手厚いフォロー
大阪で評判の良い大手タクシー会社の求人3選
未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

東京日本交通

未経験給与保証

6カ月

月額24-27万円

キッズタクシー、観光タクシー、ミニバンタクシー、
特化型タクシー
なんでもござれ!

未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

国際興業大阪

未経験給与保証

6カ月(延長可)

月額22-26万円

大阪で初めてタクシー全車両禁煙にした会社。いまでは
オゾン脱臭・殺菌
する徹底ぶり

タクシー会社選びのポイント

【当サイトにおける大手タクシー会社とは?】
※当サイトではハイヤー・タクシー業界専門誌の交通現代社が刊行している「KANSAIタクシー名鑑2017(交通現代社編)」のグループ別保有車両台数ベスト20(大阪のみ)へ掲載されているものを「大手タクシー会社」としています。

タクシードライバーのイメージ

きっとあります、あなたにとって最高のタクシー会社が! 「たくさんある大阪のタクシー会社、どれも大差ないやろ?」 「未経験やけど、タクシー乗務員になってもホンマに稼げるようになるんか?」 「タクシー業界ようわからん。どうやって選んだらええの?」
これらの疑問に答えて、大阪の評判の良いタクシー会社と、選び方のポイントを紹介します。

詳細はこちら