タクシードライバーの勤務形態

この記事では、大阪のタクシードライバーの勤務形態についてご紹介します。タクシードライバーの勤務形態は大きく分けて「昼日勤務」「夜日勤」「隔日勤務」に分かれていますので、それぞれについて説明していきます。

大阪のタクシードライバーの勤務スタイル|昼日勤の場合

「昼日勤」とは、昼間だけ勤務する形態のことをさします。一般的なサラリーマンと同じような働き方、と考えるとイメージしやすいでしょう。勤務時間はその多くが「8時間勤務(休憩1時間)」となっています。勤務時間については「7時から16時」または「8時から17時」が一般的。朝が早い場合があるのが特徴的ですが、その分早めに勤務が終わります。

他の職種の人と時間を合わせやすかったり、仕事が終わった後の夕方から夜の時間を有意義に使えたりするため、タクシー会社で働きたいと考えている人からは人気がある勤務形態です。子育てをしているドライバーからも、子どものお迎えや夕飯を一緒に食べられると言った理由などで人気の働き方でもあります。
しかし、この勤務形態のドライバーばかりを採用してしまうと、夜勤務のドライバーが確保しにくくなるため、あまり昼日勤務のドライバーを採用していないタクシー会社が多いのが実情です。

勤務スタイル例<昼日勤>

  • 勤務時間:7:00〜16:00または8:00〜17:00
  • 休憩時間:1時間
  • 勤務日数:月間でおよそ22〜24乗務

休日に関してはシフト制を取っているタクシー会社が多いため、その週によって休みの曜日が変わることがほとんどですが、あらかじめ休み希望を伝えておくことで希望の日に休みを取れる場合が多いです。

大阪のタクシードライバーの勤務スタイル|夜日勤の場合

「夜日勤」とは、毎日夜のみ勤務するという働き方のスタイルを指します。
勤務時間は会社によってさまざまですが、例えば「18時から深夜2時」といった形や「19時から深夜3時」といったように、会社帰りや飲み会終わりでタクシーを使用したい人に嬉しい時間帯に勤務するという形になります。

また、夜日勤の特徴として、昼間と比較して長距離の移動が多くなることや、深夜割増料金が適用となる時間帯に勤務するために売り上げが上がりやすい傾向があると言えます。そのため、「効率よく稼ぐ」ことを目的とするドライバーについては夜日勤を希望するケースが多いようです。

ただし、昼日勤と同様、この夜日勤の形態でドライバーを採用している会社は非常に少ないのが現状です。

勤務スタイル例<夜日勤>

  • 勤務時間:18:00〜2:00または19:00〜3:00 など
  • 休憩時間:1時間
  • 勤務日数:月22〜24日

昼日勤と同様、休日はシフト制を取っているタクシー会社がほとんどです。

大阪のタクシードライバーの勤務スタイル|隔日勤務

「隔日勤務」とは、上記で説明してきた「昼日勤」と「夜日勤」の2つの勤務形態を合わせたようなイメージです。勤務時間はタクシー会社によって異なる部分ではありますが、例えば「8時から翌朝4時(休憩3時間)」といったように、個人の裁量で休憩を取りながら長い時間働くという形をとります。
隔日勤務の場合は、出勤した次の日は休みになります(「明番」や「明け休み」と呼ばれています)。一般的な勤務形態としては、出勤・明番(明け休み)を2回繰り返した後に1日休みの「公休」を1セットとして繰り返していきます。

勤務日数は最大で13日間となります。タクシードライバーはお客様の命を預かる仕事であるため、法律で勤務時間についてきっちりと規定されています。隔日勤務の場合は、1回あたりの勤務時間は「21時間以内」、また1回の勤務が終わったら「最低20時間以上」の休みを取ることが必須と決められています。

この隔日勤務は、現在多くのタクシー会社で採用されている勤務形態。タクシードライバーならではの勤務形態とも言えるスタイルです。そのため、採用された場合には、多くの人がこの隔日勤務の形で働くことになるでしょう。

勤務スタイル例<隔日勤務>

  • 勤務時間:7:00〜3:00/8:00〜4:00/9:00〜5:00 など
  • 休憩時間:3時間
  • 勤務日数:月11〜13日

タクシードライバーの休暇や残業について

タクシードライバーとして働く場合、休暇や残業ってどうなるんだろう?と感じている人もいるはず。そこで、休日・残業について詳しく説明していきます。

タクシードライバーの休暇

まず、昼日勤や夜日勤の場合は「週に2日」休みを取るというケースが一般的。シフト制を採用しているタクシー会社が多いため、曜日は固定されない場合がほとんどですが、あらかじめ休みの希望を出しておくことで予定がある日には休みを取れます。

また、隔日勤務の場合には、1回勤務を行った場合はその後20時間は乗車できません。また、勤務の後の「明番(明け休み)」の次の日が公休となる場合もあります。そのため、勤務した次の1日から2日弱が休日ということになります。

タクシードライバーの残業

また、タクシードライバーの残業については、多少はあると考えておいたほうがいいでしょう。
ただし、前述した通りタクシードライバーの勤務時間については非常に厳しく定められているため、過度な残業を強いられることはありません。

タクシードライバーの勤務形態についてのまとめ

タクシードライバーの勤務体系や休日・残業について説明してきました。まとめると下記の通りとなります。

  • タクシードライバーの勤務体系には「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤務」の3つがある
  • タクシー会社の多くが「隔日勤務」を採用している
  • タクシードライバーの休日や残業に関しては、法律で厳しく取り決めがされている

ずっと車に乗っていて休みが取りにくいと思われがちなタクシードライバーですが、お客様の命を預かる仕事であるため、勤務時間や拘束時間、休暇に関しては厳しく取り決めがされています。そのため、しっかりと休暇も取れますし、慣れれば非常に働きやすい勤務体系であると言えるのではないでしょうか。

未経験者にも手厚いフォロー
大阪で評判の良い大手タクシー会社の求人3選
未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額25万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

東京日本交通

未経験給与保証

6カ月

月額24-27万円

キッズタクシー、観光タクシー、ミニバンタクシー、
特化型タクシー
なんでもござれ!

未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

国際興業大阪

未経験給与保証

6カ月(延長可)

月額22-26万円

大阪で初めてタクシー全車両禁煙にした会社。いまでは
オゾン脱臭・殺菌
する徹底ぶり

タクシー会社選びのポイント

【当サイトにおける大手タクシー会社とは?】
※当サイトではハイヤー・タクシー業界専門誌の交通現代社が刊行している「KANSAIタクシー名鑑2017(交通現代社編)」のグループ別保有車両台数ベスト20(大阪のみ)へ掲載されているものを「大手タクシー会社」としています。

タクシードライバーのイメージ

きっとあります、あなたにとって最高のタクシー会社が! 「たくさんある大阪のタクシー会社、どれも大差ないやろ?」 「未経験やけど、タクシー乗務員になってもホンマに稼げるようになるんか?」 「タクシー業界ようわからん。どうやって選んだらええの?」
これらの疑問に答えて、大阪の評判の良いタクシー会社と、選び方のポイントを紹介します。

詳細はこちら