タクシードライバーになるための面接対策

タクシードライバーとして働くことを考えているのであれば、まずはタクシー会社の面接に合格する必要があります。本記事では、タクシー会社の面接について、注意点やよく聞かれること、合格のポイントなどをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

タクシードライバーの面接で合格するために

タクシードライバーになるための、タクシー会社の面接に合格するために、面接前に気をつけておきたいポイントを3つ紹介します。

1.運転経歴書も見られる

タクシードライバーは運転して乗客を目的地に送迎する仕事なので、運転技術も重要になります。採用にあたっては、運転経歴書を提出するため、過去に事故を起こしたり、免許の点数が減っていたりする場合にはそれを理由に不採用となる可能性もゼロではありません。

2.タクシーは接客業と肝に銘じよう

「タクシードライバーは運転するだけで、会社の人と触れ合わないから選んだ」という人でも、この動機をあまり口には出さないほうが吉。タクシーは確かに運転技術が求められますが、それ以上に、乗客を目的地に届けるまではお客様と密室で過ごす仕事です。送迎の間、お客様に不快な思いをさせない気遣いが必要となります。

面接では、接客業としてのタクシードライバーを任せるだけの対応ができるかも見られていると考えましょう。

3.やる気をアピール

タクシードライバーは普通自動車免許2種の資格が必要とはいえ、基本的に未経験からでも採用してもらえる仕事です。

このため、過去にどのような仕事をしてきたかももちろん大事ですが、それ以上にタクシードライバーという仕事に対してやる気があるかどうかも重要なポイントとなります。

面接の場では、やる気をアピールしていくとよいでしょう。

面接の注意点

ここでは、面接時に押さえておくべき最低限の注意点をお伝えしていきます。

1.遅刻は絶対しない

遅刻は絶対にNGです。あたり前ですが、約束した面接の時間には絶対に遅れずに向かうようにしましょう。どんな仕事でも同じですが、特にタクシードライバーの場合お客様と送迎の約束をすることもあるため、より厳しく見られる傾向にあります。

万が一、電車の遅延など、何らかの理由で遅刻しそうなときは早めに電話を入れておくことが大切です。

2.携帯電話の電源を切る

面接中に携帯電話がなっていしまっては台無しなので、面接の部屋に入室する前に携帯電話の電源を切るのがおすすめです。また、タクシー会社の建物に入る前には、携帯をマナーモードになっているのか確認しておきましょう。

3.入室前にノックは3回

面接が行われる部屋に入室する前には、ドアを軽くノックして、「失礼します」など大きな声を出して入室するようにします。

なお、ノックの回数が2回だと「トイレノック」といって、トイレに入っているかどうかの確認のためのノックとなってしまうため、厳密にはNGです。「ノックは3回する」と覚えておきましょう。

4.ハキハキと喋る

面接が始まったら、回答する内容よりもハキハキと喋ることを重視しましょう。タクシードライバーの仕事は、過去の経験などが大きく採用に影響するものではありません。それよりも、この人と一緒に働きたいと思わせるような、明るいキャラクターを演じられるとよいでしょう。

5.退室時に頭を下げる

面接が終わったら、椅子から立つ際の挨拶と部屋を退室する際の退室を忘れないようにします。また、ここでも、「ありがとうございました」と大きな声で言うとよい印象を持たれやすくなるでしょう。

タクシードライバーの面接でよく聞かれること

最後に、タクシードライバーの面接でよく聞かれることについてお伝えしたいと思います。 少なくとも、面接前に以下の質問に対する答えを用意しておくとよいでしょう。

1.前職の退職理由

どこの面接かもしれませんが、前職をどのような理由で退職したかを聞かれます。ネガティブな理由で退職した場合、できるだけネガティブな内容のまま伝えるのではなく、ポジティブな内容に変換して答えられるようにしましょう。

例えば、営業のノルマについていけなくて辞めたのであれば、それをそのまま伝えるのではなく、昔からタクシーを運転することに憧れがあり、その夢を実現するために退職したなどと変換するとよいでしょう。

2.長所や短所

自分の長所や短所を聞かれることがあります。

これについても、短所についてはただ短所を伝えるのではなく、それを活かせる場面があることをアピールするとよいでしょう。例えば、あまり口数が多いほうではなく、誤解されることもあったが、仕事においては信頼できる人間だと言われることが多く、実際にそのように演出してきたなどと伝えます。

なお、長所についても、短所についても、できるだけタクシードライバーとして働く場合にどのようにその長所や短所を活かせるかを伝えられるとよいでしょう。

3.困難を乗り越えた経験やその方法

過去の人生や仕事の中で、困難を乗り越えた経験とその方法を聞かれることがあります。これは、聞かれてすぐに答えるのが難しいこともありますが、面接ではよく聞かれることなので、事前に用意しておくとよいでしょう。

また、困難を乗り越えた経験によりどんな能力を伸ばすことができ、それがタクシードライバーとしての仕事にどのように活かせるかまで伝えられるとより魅力的に写ります。

4.希望の年収

面接時に希望の年収を聞かれることがあります。あまり謙虚になりすぎず、前職の給与とタクシードライバーの一般的な給与から妥当な年収を伝えてみるとよいでしょう。

5.タクシー会社に対する質問

面接の最後に、面接を受けているタクシー会社に対して「何か質問はないか?」と問われることがあります。

何もなければないのでも構いませんが、ここで秀逸な質問をぶつけると面接官の印象に残りやすく、採用の可能性はぐっと高くなるでしょう。 面接をした中で気になったことでも構いませんが、何も疑問が思い浮かばなかったときのために、事前に1つ2つ質問を用意しておくとよいでしょう。

タクシードライバーの面接に関するまとめ

  • タクシードライバーの面接ではやる気が重要
  • 丁寧にハキハキト発言しよう
  • 運転経歴が見られることもある

上記でタクシードライバーになるための、面接方法をお伝えしてきました。一般的な面接で大切なことと大きく変わりませんが、いかに自分の魅力を面接官に伝えられるかが大切です。上記を参考にして、ぜひ面接にのそんで診てください。

未経験者にも手厚いフォロー
大阪で評判の良い大手タクシー会社の求人3選
未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

           

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

東京日本交通

未経験給与保証

6カ月

月額24-27万円

キッズタクシー、観光タクシー、ミニバンタクシー、
特化型タクシー
なんでもござれ!

未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

国際興業大阪

未経験給与保証

6カ月(延長可)

月額22-26万円

大阪で初めてタクシー全車両禁煙にした会社。いまでは
オゾン脱臭・殺菌
する徹底ぶり

タクシー会社選びのポイント

【当サイトにおける大手タクシー会社とは?】
※当サイトではハイヤー・タクシー業界専門誌の交通現代社が刊行している「KANSAIタクシー名鑑2017(交通現代社編)」のグループ別保有車両台数ベスト20(大阪のみ)へ掲載されているものを「大手タクシー会社」としています。

タクシードライバーのイメージ

きっとあります、あなたにとって最高のタクシー会社が! 「たくさんある大阪のタクシー会社、どれも大差ないやろ?」 「未経験やけど、タクシー乗務員になってもホンマに稼げるようになるんか?」 「タクシー業界ようわからん。どうやって選んだらええの?」
これらの疑問に答えて、大阪の評判の良いタクシー会社と、選び方のポイントを紹介します。

詳細はこちら