脱サラしてタクシードライバーになる

近年、脱サラしてタクシードライバーに転職する例が増えてきているようです。タクシードライバーは、本人の頑張り次第で大きく稼ぐことができる魅力的な仕事。

今の仕事の年収を大幅に越えることも、決して夢ではありません。転職のリスクも考慮しつつ、ドライバーという仕事が自分に合っているのかどうか、しっかりと考えてみましょう。

大阪のタクシードライバーの平均年収は350万円程度です。「もう少し高いのでは?」と思った人もいれば、「自分はもっと低い」と思った人もいることでしょう。

実はタクシードライバーの年収は、ドライバーによってあまりにも大きな差があるため、これを平均することに大きな意味はありません。

年収100万円台の人もいれば年収1000万円超の人もいる

タクシードライバーの給与システムは、通常、基本給プラス歩合給です。基本給は決して高くないため、給与の総額を左右するのは歩合給であると思ってください。頑張れば頑張るだけ年収が上がり、サボればサボるだけ年収が下がる、というシステムです。

他の一般的な業界とは異なり、サボっても上司から怒られることはないので、中には熱心に仕事をしないドライバーも出てきます。

一方で、他の一般的な業界とは異なり歩合給が50%ほども付くため、時間を惜しんで熱心に仕事をするドライバーも出てきます。それぞれの年収には、2倍、3倍と差が出てくることでしょう。

このような特殊な業界の年収を平均しても、あまり意味はありません。

タクシードライバーの雇用形態

タクシードライバーは、本人の希望によって正社員、アルバイト、パートなど、さまざまな雇用形態を選ぶことができます。本業としてフルタイムで働く人は、通常、正社員を選択することでしょう。

正社員になれば、他の業種と同様に社会保険が完備されます。手厚い賞与を用意しているタクシー会社もあります。もちろん各種手当も付きます。近年では、育児休暇や介護休暇などを用意する会社も増えてきました。

雇用形態や福利厚生のシステムなどは、基本的に他の業界と変わらないと考えて良いでしょう。

一般的なサラリーマンとタクシードライバーとの比較

一般的なサラリーマンとタクシードライバーの違いについて見てみましょう。

給料の違い

国税庁が発表している「民間給与実態統計調査」によると、日本人サラリーマンの平均年収は420万円程度。

それに対して大阪のタクシードライバーの平均年収は350万円程度です。ただしタクシードライバーの頑張り次第で給料がまったく違う点は、すでに説明したとおりです。

休日の違い

タクシードライバーは、基本的に週休2日制です。中には週休1日制の会社もありますが、余分に働いた分だけ稼げるので問題ないと考える方も多いようです。

サラリーマンの世界で見られる「休日のサービス残業」は、基本的にありません。

働き方の違い

一般的なサラリーマンとは異なり、タクシードライバーは個人事業主に近い働き方となります。売上の一部を会社に収めなければなりませんが、これは、個人事業主で言うところの経費と考えたほうが良いでしょう。

ストレスの違い

一般的なサラリーマンに比べ、タクシー業界における職場の人間関係におけるストレスは圧倒的に少ない、と考えて良いでしょう。自分一人でやる仕事である以上、当然と言えば当然です。

個人タクシー開業のハードル

脱サラして個人タクシーを開業したいと考える方もいるようですが、個人タクシーは、簡単には開業できません。

個人タクシーを開業するのに必要な要件

  1. 勤務タクシードライバーとして10年以上の経験
  2. 開業の申請日からさかのぼって3年以上の無事故無違反
  3. 開業の申請日現在での年齢が65歳未満
  4. 第二種運転免許証の所有

サラリーマンドライバーとして10年以上の勤務経験がなければ、個人タクシーを開業することはできません。加えて、開業申請日時点で65歳未満でなければ開業できません。

必然的に、ドライバーとしてのデビュー年齢が56歳以上の人は、個人タクシーを開業することができなくなります。

過去3年間にわたる無事故無違反規定も考慮すると、個人タクシーの開業は決して簡単ではないことが分かるでしょう。

タクシードライバーのいいところ

タクシードライバーの仕事には、主に以下の4つの魅力があります。

実力次第で高収入が期待できる

タクシードライバーの給与体系は、通常、基本給プラス歩合給。ドライバー本人の実力次第では、歩合給で大きく稼ぐことも可能です。

全国のタクシードライバーの平均年収は300万円台ですが、実力あるドライバーの中には1000万円を稼ぐ人もいます。初年度から700万円台を稼ぐドライバーも少なくありません。

人から指示されずに働くことができる

タクシードライバーの雇用形態は、正社員のほかにも、アルバイトやパートなどいくつかの種類があります。いずれの雇用形態を選んでいようとも、働き方自体は自分次第。他の業界とは異なり、上司から細かい指示を受けたり叱責を受けたりすることは基本的にありません。 個人事業主のように、自分のスタイルで働ける点がタクシードライバーという仕事の魅力の一つです。

仕事が変化に富んでいる

同じ職場の同じデスクで、毎日同じような仕事をする業種ではありません。毎日、さまざまなお客さんと巡り合い、さまざまな場所へとお客さんを運ぶ仕事です。日々の仕事が変化に富んでいるので、「仕事に飽きる」という人は少ないでしょう。

土地に詳しくなる

お客さんの要望によっては、初めての場所や知らない場所にも行くことがあります。経験年数を重ねるにしたがって、徐々にいろいろな道路や土地に明るくなっていくことでしょう。

タクシードライバーはこんな人が向いている

魅力的なタクシードライバーという仕事ですが、特に次のいずれかに該当する人には、タクシードライバーが向いていると言えるでしょう。

車の運転が好き

車の運転が好きな人にとって、タクシードライバーは天職の一つでしょう。毎日、出勤から退勤まで、ずっと車を運転していられます。好きな運転をやればやるほど(流せば流すほど)、給料も上がります。

他人とのコミュニケーションが得意

寡黙なお客さんもいる一方で、いろいろなおしゃべりが好きなお客さんもいます。他人とコミュニケーションを取ることが得意なドライバーには、リピーターも増えていくことでしょう。

自己管理ができる

タクシードライバーという仕事は、他人から指示を受けてやる仕事ではありません。休憩時間も含め、スケジュールを自己管理できる人には向いている仕事でしょう。

記憶力がいい

どんな時間帯にどこに行けば多くのお客さんが待っているのか等、過去の営業経験を記憶して蓄積できる人は、より効率的に稼げるようになります。

向上心がある

頑張れば頑張るだけ収入がアップするタクシードライバー。より高い年収を目指していきたいという向上心のある人にとって、非常にやりがいのある仕事に感じられるはずです。

脱サラしてタクシードライバーになるまとめ

  • タクシードライバーの年収には大きな幅があるので平均しても無意味
  • 頑張り次第で高収入を狙えるのがタクシードライバーの魅力
  • 脱サラして個人タクシーを開業するのは容易ではない

繰り返しますが、タクシードライバーは、実質的には個人事業主のようなもの。収入の額は、本人の頑張り次第です。

よって「今の会社が嫌だから、もっと楽そうなタクシードライバーになろうかな」という中途半端な気持ちでは、なかなか高収入を稼ぐことはできないでしょう。

逆に「頑張って高い収入を得て、今の会社の人間たちを見返してやりたい」との気概ある人であれば、大きく成功する可能性があります。

仕事に対するご自身の考え方をよく振り返り、タクシードライバーが向いているかどうかを考えてみると良いでしょう。

タクシードライバーに少しでも興味ある人は是非検討してみてください

未経験者にも手厚いフォロー
大阪で評判の良い大手タクシー会社の求人3選
未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

           

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

東京日本交通

未経験給与保証

6カ月

月額24-27万円

キッズタクシー、観光タクシー、ミニバンタクシー、
特化型タクシー
なんでもござれ!

未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

国際興業大阪

未経験給与保証

6カ月(延長可)

月額22-26万円

大阪で初めてタクシー全車両禁煙にした会社。いまでは
オゾン脱臭・殺菌
する徹底ぶり

タクシー会社選びのポイント

【当サイトにおける大手タクシー会社とは?】
※当サイトではハイヤー・タクシー業界専門誌の交通現代社が刊行している「KANSAIタクシー名鑑2017(交通現代社編)」のグループ別保有車両台数ベスト20(大阪のみ)へ掲載されているものを「大手タクシー会社」としています。

タクシードライバーのイメージ

きっとあります、あなたにとって最高のタクシー会社が! 「たくさんある大阪のタクシー会社、どれも大差ないやろ?」 「未経験やけど、タクシー乗務員になってもホンマに稼げるようになるんか?」 「タクシー業界ようわからん。どうやって選んだらええの?」
これらの疑問に答えて、大阪の評判の良いタクシー会社と、選び方のポイントを紹介します。

詳細はこちら