タクシードライバーの適正がある人はどんな人?

タクシードライバーにも適正があります。タクシードライバーに向いている人とは一体どのような人なのでしょうか。

ここでは、どのような人がタクシードライバーに向いているのか適正や必要なスキルについて紹介しています。これからタクシードライバーに就職しようと考えている方や、タクシードライバーに興味を持っている方はぜひ一度目を通してみてください。

タクシードライバーに向いている人

ここまではタクシードライバーとして持っておくべき必須スキルです。これに加え、以下のスキルを備えておくとより適正があるものを紹介します。

1.聞き上手

お客さまを乗せて目的地まで走る道中、お客さまから話かけられることがあります。会話の内容はそれぞれですが、中には会話を楽しみたいというお客さまも。そのような場面でうまく相槌をうったり、きちんと話を聞いてくれるドライバーであればきっと乗客も満足するでしょう。

必ずしも饒舌であることはありませんが、相手の話をしっかりと聞ける「聞き上手」であればドライバーとしての適性があるでしょう。

2.気配りやサービス精神がある

話を聞くことも大事な要素ですが、乗客の様子を見ながらこちらから何か話題を振れるともっと好印象です。また、「暑いね」という会話になれば空調を調節するなど、話しながら乗客の様子をみることあります。そのため、さりげない気配りができる人に向いているといえます。

3.自己管理が得意

タクシードライバーは自分で売上を稼ぐ一人営業が基本。そのため、1日をどのように過ごすのか、きちんと計画性を持って行動できる人が向いているといえます。

また、体調を崩して出勤ができなくなると、その分の売上を稼ぐこともできません。日々体調に気を配ったり、出勤前のアルコール摂取は控えるなど、自己管理がきちんとできる人のほうが向いています。

4.一人が苦にならない

タクシードライバーは一人で過ごす時間が非常に長い仕事です。お客さまを見つけて走る間は一人ではありせんが、会社員のように仲間と協力して働くというような集団性とは性質が異なります。ひとりの時間を苦にせず淡々と過ごせる人だと大きなストレスは感じにくいでしょう。

会社員として上司や部下と一緒に働いたり、集団行動が苦手な方は、自己管理が得意なケースもあります。そのため、一人の時間が苦ではなければタクシードライバーへの適正があるといえるでしょう。

タクシードライバーに求められるもの

ここからはタクシードライバーに適正があるのはどのような人なのか、詳しく見ていきましょう。

1.運転スキルが高い

これはタクシードライバーとして働くのであれば必須スキルといってもいいでしょう。タクシードライバーは大事なお客様を無事に目的地まで届けるのが仕事です。よって「安全運転」ができるというのはドライバー希望者としては必ず持っておくべきスキルです。

もちろん、ドライバーが注意していても不慮の事故に巻き込まれる可能性はありますが、事故を起こしやすいドライバーが一定数いるのは事実です。安全運転ができるだけでなく、万が一事故を起こした場合は反省し、再発防止に努める姿勢を持った人がドライバーにおいては最も重要な適正だといえます。

また、安全運転だけでなく「車の運転が好き」などがあれば長時間の運転も苦にならないでしょう。

2.感情的にならない

安全運転を継続して行うために必要なのが「心の安定を保てる」こと。渋滞に巻き込まれたり、マナーのない車に対してイライラせず冷静に対処することもタクシードライバーには必要なスキルです。

いくら運転がうまい人でもイライラしやすければ注意散漫となり、事故を起こす確率が上がってしまいます。さらにイライラした雰囲気は乗客を不安にさせたり、不快感を与えかねません。そのため、ドライバーはどのような状況にあっても冷静に、心穏やかに対処できる能力が求められます。

過度に感情的にならず、怒りや焦りをコントロールできるかどうかがポイントとなります。

どうして?タクシードライバーに採用されない人の特徴

タクシー会社の採用面接に行ってもなかなか採用されない…そう悩んでいる方もいるかもしれません。当たり前ですが、採用されないのには何かしらの理由があります。タクシー会社の面接で不採用になってしまった場合、以下のことについて考えてみてください。

1.過去に事故を起こしていたり、違反歴がある>

タクシードライバーという仕事は、乗客を安全に目的地まで届けることです。そのため、過去に事故を起こした経験や、多くの違反歴を持っていると不採用となる可能性が高いです。

必ずしも無事故でなければならないわけではありませんが、ゴールド免許を持っているほうが企業側としては採用しやすいでしょう。事故や違反歴がある方はゴールド免許取得まで待ってから応募するのもひとつの手です。

2.健康状態に問題がある

働き方にもよりますが、タクシードライバーは隔日勤務という長時間の勤務シフトがあります。終日働く可能性を考えると、健康状態が悪い方は雇われにくい可能性があります。

タクシー会社では入社前に、健康診断で悪いところがないか検査をするようです。内定直前で不採用になるのはもったいなので、自分で健康診断を受けておき、事前に対処しておくとよいでしょう。

3.コミュニケーションが苦手

タクシードライバーは基本的に一人行動であり、人間関係が苦手という方に向いている職業のひとつです。しかし、タクシードライバーであってもコミュニケーション能力の有無は採用において重要なポイント。というのも、タクシードライバーは乗客と話す機会がある立派な「接客業」でもあるからです。必ずしもコミュニケーション能力が高くないといけないわけではありませんが、最低限のコミュニケーション能力が求められるでしょう。

まとめ

タクシードライバーへの適正について紹介しましたが、運転スキルはもちろん、感情のコントロールは働くうえでも重要なポイントとなります。

しかし、必ずしもすべてのスキルを備えていなければいけないというわけではありません。ドライバーによってさまざまな人がいますし、すべてに当てはまる人ばかりではありません。

タクシードライバーとして就職を考えている場合はこれらのポイントに注目し、自分に合った職業であるかどうか参考にしてみてください。

未経験者にも手厚いフォロー
大阪で評判の良い大手タクシー会社の求人3選
未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

東京日本交通

未経験給与保証

6カ月

月額24-27万円

キッズタクシー、観光タクシー、ミニバンタクシー、
特化型タクシー
なんでもござれ!

未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

国際興業大阪

未経験給与保証

6カ月(延長可)

月額22-26万円

大阪で初めてタクシー全車両禁煙にした会社。いまでは
オゾン脱臭・殺菌
する徹底ぶり

タクシー会社選びのポイント

【当サイトにおける大手タクシー会社とは?】
※当サイトではハイヤー・タクシー業界専門誌の交通現代社が刊行している「KANSAIタクシー名鑑2017(交通現代社編)」のグループ別保有車両台数ベスト20(大阪のみ)へ掲載されているものを「大手タクシー会社」としています。

タクシードライバーのイメージ

きっとあります、あなたにとって最高のタクシー会社が! 「たくさんある大阪のタクシー会社、どれも大差ないやろ?」 「未経験やけど、タクシー乗務員になってもホンマに稼げるようになるんか?」 「タクシー業界ようわからん。どうやって選んだらええの?」
これらの疑問に答えて、大阪の評判の良いタクシー会社と、選び方のポイントを紹介します。

詳細はこちら