40代でタクシードライバーへ転職するのがおすすめ

タクシードライバー業界では、「未経験での転職は35歳まで」といった年齢制限を設けていない傾向にあります。60歳まで受け付けているのが一般的なので、40代という年齢は全くハンディにならないと考えるべきです。むしろ、20代・30代よりも歓迎される年齢ですらある、といえるでしょう。このページでは、他にもたくさんある「40代でのタクシードライバーへの転職がおすすめな理由」について、ひとつずつ紹介していきます。40代になってからタクシードライバーへの転職を考えている人必見です。

40代でタクシードライバーへ転職する3つのメリット

40代での転職がおすすめな理由として、主なものでは次の3つがあげられます。

  1. 40代のタクシードライバーは歓迎される傾向にある
  2. 実力をつければかなりの収入を得られる
  3. 個人差の大きい40代のライフスタイルに合わせて働ける

1.40代はタクシードライバーに歓迎される傾向にある

多くのタクシー会社が40代の人材を欲しがっている大きな理由は、「40代はすべての年齢層の中で最も交通事故を起こす割合が低い」というデータが出ていることです。

もちろん、勤務中に万が一交通事故を起こしてしまっても、きちんと対処できるように保険などが用意されてはいます。しかし、できる限り事故が起きないで欲しいと考えるのは当然のこと。会社としては、事故を起こしにくいとされる年代のスタッフを、できる限り積極的に採用したいと考えているわけです。

また、40代であれば、これまでに別の業界で何らかの勤務経験を積んでいることがほとんどかと思います。特にサービス業であれば、相手とのコミュニケーション能力の高さを持っているだけでなく、心遣いや気配りのスキルを習得している方もいるでしょう。そのため、多くのタクシー会社では、40代のドライバー希望者を積極的に採用したいと考えています。こういったスキルは若いうちでは、経験値が足りなく、若い世代ではなかなか身に付けづらいため、重宝されているのです。

2.実力次第では高収入を期待できるタクシードライバー

40代からスタートした場合でも、十分に高収入を目指せます。まず、タクシー会社の一般的な給与体系、歩合制を考慮した1カ月あたりの給与の額について、平均的な計算方法を用いて、タクシードライバーの収入をシミュレーションを見てみましょう。

歩合制の場合では、売り上げのおよそ60%がドライバーの収入になります。これをベースにして、たとえば、隔日勤務をすると、1ヵ月あたりの収入がいくらになるかを以下で計算しています。(※1時間につき平均2名・1名あたりの単価を1500円を輸送したと仮定しています。)

  • 計算式:単価✕2人✕18時間✕11日✕0.6
    18時間というのは1日あたりの勤務時間で、11日というのは1ヵ月あたりの勤務日数です。計算結果は次のようになります。
    1,500×2×18×11×0.6=356,400

このように、隔日勤務をした場合の月収は36万円程度となります。先述のように、あくまで平均的な算出方法で、複数の条件を仮に設定した上での計算結果です。会社によっても給与の算出方法が異なるため、ひとつの目安に過ぎませんが、それほど悪くない月収ではないでしょうか。勤務日数を少し増やしたり、あるいは腕を上げたりして、より多くのお客さんを輸送できるようになれば、さらに高収入を目指せるわけです。

3.40代のさまざまなライフスタイルに合わせやすい勤務形態

タクシードライバーに転職すると、まずは勤務先のタクシー会社の研修を受ける流れになります。研修が終わり、本格的にタクシードライバーとしての業務がスタートする場合、いくつかの勤務体系からひとつを選べるケースもあります。

勤務体系とひとくちにいってもその種類や数はタクシー会社によりさまざまですが、主なものは「隔日勤務」「日勤勤務」「夜勤勤務」の3つです。それぞれの勤務体系についてかんたんに見ていきましょう。

  • 隔日勤務
    本来であれば2日かけて行う分量の仕事を、まとめて1日で行うスタイルです。朝からスタートし、翌朝まで、およそ18時間継続して勤務を行います。そのかわり、勤務日数が通常の半分となります。
  • 日勤勤務
    朝から夕方までおよそ8時間の勤務になります。通常のサラリーマンなどと同じ時間帯に勤務をするスタイルです。
  • 夜勤勤務
    名前のとおり、夜間に勤務を行います。夜からスタートして、翌朝までタクシードライバーを勤めます。

40代にもなれば、人によって家庭の環境・ライフスタイルに大きく差があると考えられます。既婚者か独身者か、という要素によっても大きく影響されるでしょう。既婚者であれば、家族との時間を大切にしたいと考え、日勤勤務を希望する場合が多いかもしれません。ただそれも、子どもの年齢などによってケースバイケースでしょう。

独身者であれば、比較的自由なライフスタイルが可能になります。夜型であれば夜勤勤務を、そして体力に自信があれば、高収入につなげやすい隔日勤務を希望する人も多いのではないでしょうか。いずれにしても、タクシードライバーは勤務形態を選択できる場合が少なくないため、自分自身のライフスタイルに適した時間帯に勤務ができる、というメリットがあります。

タクシードライバーが向いているのはこんな人

運転スキルだけでなく、これまでに業務で「コミュニケーションスキル」を必須としていた方が向いていると言えるでしょう。高いコミュニケーションスキルを持っている40代がタクシードライバーに転職すれば、そのスキルを活用することができます。そのためか、転職先にタクシードライバーを選択している選択している40代の元ビジネスマンは増加傾向にあるそうです。

未経験者にも手厚いフォロー
大阪で評判の良い大手タクシー会社の求人3選
未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

東京日本交通

未経験給与保証

6カ月

月額24-27万円

キッズタクシー、観光タクシー、ミニバンタクシー、
特化型タクシー
なんでもござれ!

未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

国際興業大阪

未経験給与保証

6カ月(延長可)

月額22-26万円

大阪で初めてタクシー全車両禁煙にした会社。いまでは
オゾン脱臭・殺菌
する徹底ぶり

タクシー会社選びのポイント

【当サイトにおける大手タクシー会社とは?】
※当サイトではハイヤー・タクシー業界専門誌の交通現代社が刊行している「KANSAIタクシー名鑑2017(交通現代社編)」のグループ別保有車両台数ベスト20(大阪のみ)へ掲載されているものを「大手タクシー会社」としています。

タクシードライバーのイメージ

きっとあります、あなたにとって最高のタクシー会社が! 「たくさんある大阪のタクシー会社、どれも大差ないやろ?」 「未経験やけど、タクシー乗務員になってもホンマに稼げるようになるんか?」 「タクシー業界ようわからん。どうやって選んだらええの?」
これらの疑問に答えて、大阪の評判の良いタクシー会社と、選び方のポイントを紹介します。

詳細はこちら