タクシードライバーへの再就職を成功させる秘訣

タクシードライバーへの再就職を成功させるためには、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。再就職に適した時期についても解説します。

タクシードライバーへの再就職での注意点

求人広告どおりの給与とは限らない

タクシードライバーの給与体系は、「固定給+歩合給」が基本です。「歩合給」の部分は、どれほどの売上を出したかという「成果」によって変動します。成果がゼロなら、歩合給もゼロになり、固定給だけになってしまうのです。

固定給の金額は低く設定されていることが多いので、歩合給がゼロになった場合の給与は、かなり少ない金額になります。

求人広告に掲載されている給与の目安は、「固定給+歩合給」の金額なので、その金額を確実にもらえるとは限らないという点には改めて注意しましょう。

「夜勤すればいい」と甘く考えない

タクシードライバーは、夜勤をした方が効率的に稼げる仕組みになっています。夜の方が利用者が増える傾向にあり、メーターに深夜料金を加算できるので、売上を伸ばしやすいからです。

とはいえ、安易に「夜勤すれば稼げる」と考えるのではなく、夜勤がどのようなものか、あらかじめ十分に把握しておきましょう。

眠い状態で仕事をすることにはリスクが伴います。運転が仕事であるタクシードライバーは、なおさらです。夜勤をすることで、体に与える負担やストレスがどの程度あるかも考慮しましょう。

過去に勤めていた時には、夜勤でも問題なかった場合でも、実際に勤務してみなければ分かりません。この点は注意しておきましょう。

タクシードライバーへの再就職を成功させる方法

タクシードライバーの仕事を理解する

仕事を始めてから「思っていた仕事じゃなかった」と感じてしまうことが、再就職を失敗したと感じる原因になります。そのため、あらかじめタクシードライバーとはどんな仕事なのかを十分に理解しておくことが必要です。

基本給と歩合給の割合を確認し、予定通りのお金を稼ぐには、どの程度の成果を上げる必要があるのか、概算を出してみましょう。どの程度の時間を勤務しなければならないのか、どのぐらいの夜勤をする必要があるのかを把握しておきます。

また、接客対応や運転のストレス、眠気への対処など、仕事上でどのような負担がかかるのかも十分に知っておくことで、「思っていたより大変だった」ということが少なくなるはずです。

自分にあった働き方を考えておく

タクシードライバーの勤務形態について、十分に理解し、「自分に合った働き方」ができるかどうかをシミュレーションしておくことも大切です。給与を計算してみると、夜勤をしなくても日勤だけで十分に稼げることに気づくかもしれません。慣れるまでは日勤だけで始めてみて、少しずつ夜勤を増やすという働き方もあるでしょう。

「隔日勤務」という働き方もありますが、これは「1日おきに休める」というより「1日で2日分の仕事をする」ということです。そのような働き方が自分に合っているかどうか、十分に検討しておきましょう。

タクシー会社の質を確認する

タクシー会社について、管理体制や、福利厚生などをよく確認し、その質を確認することも重要です。働いてみたい会社は、二種免許取得の費用を負担してくれるなどの補助制度を用意した会社なのでしょうか。事故補償など、万が一に対する備えは十分か、寮や家賃補助は利用できるかなどの点も確認しましょう。

面接は、そのタクシー会社の質を確認するチャンスです。面接官の対応の仕方などから、その会社の質をチェックしておきましょう。

給与の条件についても比較して、その地域の相場よりも低くないかを確認します。地方に住んでいて、近くに好条件のタクシー会社が見つからなければ、大都市エリアで探してみるというのもありでしょう。

タクシードライバーへの再就職に適した時期は?

年間を通じて募集している

タクシードライバーの求人が少なくなる時期は特にありません。年間を通じて、基本的にいつでも募集しています。つまり季節に関係なく、いつでも応募できる再就職先です。他の再就職先がダメだった場合にも利用できます。

再就職できる年齢層は広い

再就職する季節についてだけでなく、「年齢」という意味での時期についても、タクシードライバーの場合、特に気にする必要はありません。

一般的に、年齢が高くなるにつれて再就職に不利になっていくとされ、「35歳」が再就職のタイムリミットといわれることもあります。

しかしタクシードライバーは、35歳以上でも再就職しやすい職業です。タクシードライバーとして実際に働いている人の年齢層そのものが高く、40代や50代でも採用される可能性は十分にあります。

二種免許を取得してからでなくてもよい

タクシードライバーとして活動するには「二種免許」が必要ですが、応募する前に取得しなければならないというわけではありません。

二種免許の取得費用を会社が全額負担してくれることが多いので、取得してから就職活動をするという手順を踏む必要はないのです。

タクシー会社について十分に確認してから応募

タクシードライバーへの再就職をするために、季節や年齢などの時期については特に気にする必要はありません。再就職するうえで重要なのは、求人広告をよく確認して、労働条件について正しく理解したうえで応募することです。会社の質についても、口コミ情報などを参考に確認しておきましょう。

このサイトには、各タクシー会社の口コミ情報がまとめられているので、ぜひ参考にしてください。

未経験者にも手厚いフォロー
大阪で評判の良い大手タクシー会社の求人3選
未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

東京日本交通

未経験給与保証

6カ月

月額24-27万円

キッズタクシー、観光タクシー、ミニバンタクシー、
特化型タクシー
なんでもござれ!

未来都
(旧:三菱タクシー)

未経験給与保証

12カ月

月額27万円

日勤夜勤で生活リズムを整え、安定して働ける!
大阪のめっちゃ
おもろい会社!

国際興業大阪

未経験給与保証

6カ月(延長可)

月額22-26万円

大阪で初めてタクシー全車両禁煙にした会社。いまでは
オゾン脱臭・殺菌
する徹底ぶり

タクシー会社選びのポイント

【当サイトにおける大手タクシー会社とは?】
※当サイトではハイヤー・タクシー業界専門誌の交通現代社が刊行している「KANSAIタクシー名鑑2017(交通現代社編)」のグループ別保有車両台数ベスト20(大阪のみ)へ掲載されているものを「大手タクシー会社」としています。

タクシードライバーのイメージ

きっとあります、あなたにとって最高のタクシー会社が! 「たくさんある大阪のタクシー会社、どれも大差ないやろ?」 「未経験やけど、タクシー乗務員になってもホンマに稼げるようになるんか?」 「タクシー業界ようわからん。どうやって選んだらええの?」
これらの疑問に答えて、大阪の評判の良いタクシー会社と、選び方のポイントを紹介します。

詳細はこちら